一般眼科は、眼の怪我や病気に見舞われた患者様に対し、診断・治療を行います。
「仕事が忙しくなかなか時間が作れない」などの理由で通院を先送りにしていると、症状が悪化するまで病気に気付かず、治療が長引いてしまいます。そうした状況を避けるためにも、当院では早期発見、早期治療を心がけ診療をしております。
不意に引き起こされる病気や時間をかけて次第に悪化する病気など、眼には多種多様な病気があるので、少しでも眼に違和感があったら早めにご来院ください。

診察科目

一般眼科

白内障

眼の中にある水晶体というレンズが濁ることで、視界がかすれたり物が眩しく見えたりする、視力が衰える病気です。加齢と共に発症する老人性のものが多く、糖尿病などの病気が原因で発症することもあるほか、薬剤が原因の場合もあります。

緑内障

眼球内に体液が溜まることで眼圧が上がり、網膜や視神経が圧迫されて眼機能に異常をきたす病気です。頭痛・吐き気を伴うだけでなく、視神経が損傷を受けるため最悪の場合失明してしまうこともあります。視力を失った瞳孔の色が青く見えることから、こう呼ばれています。

結膜炎

結膜というまぶたの裏から白目の表面までを覆っている粘膜が炎症を起こし、充血やかゆみ、痛み、目やになどが出る病気を結膜炎といいます。細菌やウイルス、花粉症といったアレルギーなどによって発症する病気ですが、なかには外出が禁止されるほど感染力が強いものもあるので注意が必要です。

ドライアイ

涙の量が少なくなったり働きが悪くなったりすることで起こる、眼の乾きや異物感を感じる症状です。眼の痛みやかゆみ、充血などが生じ、視力が低下することもあります。基本的に治療は点眼薬のみで行いますが、重度の症状に対しては、涙の排泄口を物理的にふさぐ、涙点プラグという器具を用いることもあります。

糖尿病網膜症

糖尿病の三大合併症の一つで、網膜に障害が起きる病気です。高血糖状態が続くと眼内の細かい血管が徐々に詰まって、網膜に栄養や酸素が届かなくなり、やがて失明に至ります。内科医の指導のもとで血糖をコントロールし、同時に眼科医による網膜症の検査と治療を並行して行います。

加齢黄斑変性

黄斑という、網膜内で物を判別する機能に、直接あるいは間接的に障害が起こる病気です。70歳以上の高齢者に多く見られる病気で、発症すると、物がゆがんで見えたり色が分からなくなったり、黄斑の萎縮や滲出物の滲出、出血などが起こったりします。

コンタクトレンズ処方箋

コンタクトレンズは、眼に直接装着するため、扱い方によっては眼のトラブルを招く原因になりかねません。法的には処方箋不要で買えるものですが、眼障害のリスクは常につきまといます。眼を健康に保つためにも、定期的に眼科を受診し眼の状態を確認することをお勧めします。

コンタクトレンズの種類

診療時間

診療時間

院内設備

エントランス

エントランス
  • 検査室

    検査室
  • 処置室

    処置室
  • 診察室

    診察室