ここではコンタクトレンズの種類や装用時の注意点を紹介します。
コンタクトレンズを正しく取り扱いすることがなにより
目のトラブルを回避する一番の方法です。
健康で快適な生活のために、ぜひ一度ご一読ください。

コンタクトレンズの種類と特徴

コンタクトレンズには大きく分けて2種類あります。

ハードレンズ

黒目よりも小さい、固いプラスチック製のレンズです。
現在の主流は、瞳に必要な酸素をよく通すタイプで、眼が乾きがちな方や長時間装用する方にお勧めです。

メリット
  • ・光の屈折を正確に調整できるので、乱視矯正に優れて
    いる
  • ・酸素供給がスムーズで眼に優しい
  • ・眼の異常を感知しやすく、早期にトラブルを発見
    できる
デメリット
  • ・他のタイプより慣れるまで時間がかかる
  • ・激しく動くとずれやすい

ソフトレンズ

黒目よりも大きいレンズで、柔らかいため装着時の違和感が少ないです。使い捨ての定期交換タイプ(1day、2weekなど)は、使用日数など、正しい使用およびケアをすることが重要です。

メリット
  • ・慣れるまで時間がかからないので、初心者でも使い
    やすい
  • ・装着時の違和感が少ない
  • ・激しく動いてもずれにくいので、運動時の使用に向いている
デメリット
  • ・レンズが涙を吸収するためドライアイになりやすい
  • ・異物感を感じにくいため、眼のトラブルに気づきにくい

使い捨てコンタクトレンズ

1日使い捨てコンタクトレンズ

メリット
  • ・レンズのケアが不要
  • ・使い終えたら交換するのでレンズが常に清潔
  • ・必要な時にだけ装用する方に最適
デメリット
  • ・コストが高い
  • ・レンズの種類、デザインが少ない
  • ・レンズ度数が限定されますが、近年+8.00~-16.00の製品も取扱いができます
  • ・老視用ソフトコンタクトレンズは未発売でしたが、近年、3社ほど取扱いができます
  • ・レンズ不良を1枚1枚確認できない
1day

2週間使い捨てコンタクトレンズ

メリット
  • ・強力蛋白除去が不要で、レンズの清潔さが保てる
  • ・1日使い捨てレンズと比べ価格が安い
  • ・レンズの種類・デザインが、1日使い捨てレンズよりも多い
  • ・老眼にも対応している
デメリット
  • ・使い捨てではないタイプと比べレンズの度数が
    限定的
  • ・レンズの不良が1枚1枚確認できない
2week

カラーコンタクトレンズ

カラーコンタクトレンズも若年層には人気です。